糖尿病の症状|糖尿病の自覚症状は危険のサイン

My Yahoo!に追加
糖尿病の症状|糖尿病の自覚症状は危険のサイン

糖尿病の症状について、自覚症状や血糖値との関係や予防方法などを紹介しています

  

糖尿病の症状について


糖尿病の症状の話をする前に、糖尿病の種類について話さなくてはなりません。
糖尿病には大きく分けて2つあります。

1つ目は、1型と呼ばれるもので、膵臓ランゲルハンス島のβ細胞が自己免疫反応により破壊され、インスリンを全く作らないために身体中のインスリンの量が絶対的に不足するのが1型の特徴です。
主に10代の若い人に起こりやすいのも1つの特徴です。

2つ目は、2型と呼ばれるもので、日本人が発症する糖尿病の約95%が、この2型であると言われています。

2型の場合、1型に比べてインスリンを分泌する膵臓ランゲルハンス島のβ細胞の破壊は認められず、インスリンを分泌する能力が残っているのが特徴です。

不規則な食事や運動不足などの生活習慣の悪化により発症する場合が多く、糖尿病の一歩手前の状態にある糖尿病予備軍は、かなり多くいるといわれています。

この2型には、初期症状として自覚できる症状はほとんどありません。
2型糖尿病の自覚症状が現われるのは、血糖値が高いまま放置された事により、いわゆる高血糖な状態が数年続いたため、様々な臓器の機能が低下してしまうために起こる場合が多いからです。

そのため、自覚症状を感じた時、もはや初期症状ではなく糖尿病がかなり進行している状態にあります。

一方、1型の場合は2型とは異なり、自覚症状があります。
1型糖尿病は、風邪をひいた時のような症状、尿の量が多い、喉が乾く、全身がダルいなどの自覚症状で始まることが多く、放置するとすぐに重症になり、昏睡します。

糖尿病の症状と血糖値


糖尿病の初期の段階の人や予備軍の人は自覚症状がほとんどありませんので、自己判断する事は難しいですが、簡単な検査をすれば血糖値はすぐに分かります。

少しでも気になる事があれば、医療機関に相談する事をオススメします。

糖尿病と診断される血糖値を見てみましょう。

空腹時血糖値126mg/dl以上が2回以上確認されれば糖尿病であると診断されます。


・正常型の血糖値は:110mg/dl未満

・境界型の血糖値は:110〜126mg/dl未満

・糖尿病型の血糖値は:126mg/dl以上


食後血糖値なら200mg/dl以上を2回以上確認されれば、糖尿病と診断されます。



糖尿病の自覚症状


・喉の渇き、尿の量及び回数が増える

のどが渇き、尿の量や回数が増えるのは、血液中の糖が高血糖の状態にあり、大量の糖を排出しようと身体が水分を欲しがるためです。
このため、喉が渇き、大量の水分を摂取し尿の排泄回数が増えたり、量が増えたりする訳です。


・身体がダルい、疲れやすい

身体が糖を正常に利用できなくなるため、慢性的なエネルギー不足になるためです。


・体重が減る

血液中の糖が正常に利用されなくなると、エネルギー不足に陥り、脂肪などをエネルギーとして燃焼するため体重が減る場合があります。

この他にも、性欲減退・むくみ・立ちくらみ・目がかすむ・手足のしびれなどの症状があります。


糖尿病の予防方法


糖尿病の予防方法は、なんと言っても肥満を防ぐ事です。

飲みすぎ、食べすぎに注意する事はもちろん、バランスの良い食事を心がける事です。

野菜は1日350gそのうち緑黄色野菜120g以上を目標とします。野菜中心の健康的な食事は身体に良いだけでなく、予防にも繋がります。

亜鉛の摂取も効果的です。

亜鉛は膵臓でインスリンを作る際に不可欠なミネラルです。亜鉛にはインスリンの効果を持続させる力もあるそうです。

食事の時間をキチンと決める事も大事です。
朝食を抜かない事や、寝る前の3時間以内も食べない事です。

甘いものや脂っぽいものは極力避けるようにして、食事の味付けを薄味にするなども効果的です。

自覚症状のない段階では、ついつい食べ過ぎてしまったり、飲み過ぎてしまったりしがちですが、一度発症してしまうと根治しないのが糖尿病です。

早いうちの予防と毎日の積み重ねが大事です。


Copyright (C) 2009 糖尿病の症状|糖尿病の自覚症状は危険のサイン All Rights Reserved.
相互リンクサイト様
 血糖値測定.com 糖尿病の症状(糖尿病の症状は見逃さないことが大切)